レイクの返済方法

レイクでの返済方法についてまとめてみました。もちろんよりお得に返す方法や、<span class=”red b”>家族に一番バレにくい方法なども紹介します。


レイクでお得に返済する方法

まずは返済方法をまとめてみます。
<銀行振り込み>
<銀行引き落とし>
<ネットバンクからの返済>
★<レイク専用ATM>
★<提携ATM>(コンビニ等)
以上の5パターンあります。
この中で手数料が発生するのは「銀行振り込み」のみとなっています。
088052


家族に内緒のまま返済するには?

上記で「★」がついている二つの方法での返済には、レイクから発行されるカードが必要になります。
家族にバレないようにするにはとにかく「物的証拠」を残さないのが鉄則ですが、それぞれのご家庭によって状況が異なると思います。
返済用の口座を新たに作り、その通帳やカードなどを隠し通す方が簡単だと言う人もいらっしゃるでしょう。
反対に、妻(もしくは夫)にお財布を勝手に見られることはないという人であればレイクカード1枚忍ばせておけば大丈夫という状況の方が楽だという人もいるでしょう。
ご自身の状況に合わせて選ぶことが必須です。

銀行ですと記録を調べられた時に明確な証拠が出て来てしまいます。通帳記入だけなら、通帳さえあれば誰でもすぐ出来てしまいますからね。
1回だけならともかく同じ会社に毎月毎月何万円という単位のお金を支払っているのは、「ああなるほどね」と納得してもらう言い訳をするのはかなり困難だと言えるでしょう。

では、レイクカードを1枚財布に入れておけばというのもなかなか難しい話です。
携帯ならいざ知らず、お財布を家の中でもずっとポケットに入れておくのは難しいと思います。働いていらっしゃる人なら職場のデスクの中に隠しておくなんてことも出来るかもしれないので、そうなると一番安全かもしれませんね。
プリント


利息を安くする返済方法

これはもうとにかく「早め早めに返済する」ということです。そして可能な限り手数料のかからない方法で返済することですね。
つまり、「銀行振り込み」は論外ということです。
返済するのに1年かかるとして、毎月銀行振り込みで返済していると、それだけで2か月分の利息に匹敵する程度の手数料がかかってしまいます。
それしか方法がないなら仕方ないかもしれませんが、せっかく手数料無料で返せる方法があるのだからそっちを利用しましょう。
なお、「レイクの金利」のページでもお話しましたが、無利息期間明けの翌日に1か月分の返済をするという方法は、返済額がそっくりそのまま元金に当てられるので、翌月以降発生する返済も利息が少し少なくなります。


次のページへ⇒レイクで即日融資する方法