レイクの金利について

どうせお金を借りるなら少しでも安くお得に借りたい!
誰もが思うことだと思いますし、そうすべきことでもあります!
だからこそレイクの審査に申し込みをする前に確認しておくべきことがいくつかあります!


レイクの金利について知っておこう

まずは、レイクの金利はどのようにして、いつ決まるのかについて紹介してみます。

金利は「4.5~18.0%」と公式ページにも書いてありますが、かなり間があるというか範囲が広すぎて自分の場合はいくらぐらいになるのか分からないですよね。

まず最も高い金利である18.0%。
初回融資の人にはこの数字で設定されることが多いようです。
080348

では逆に4.5%はどうなのかというと、多分これはおそらく何年も使っている人で、なおかつ借入している金額が何百万単位の人ぐらいにしか適用されないものでしょう。

よく比較サイトなどでレイクは最低金利が低いのでお得です!というようなことを宣伝しているサイトがあります。
間違ってはいません。今後あなたが5年、10年と使っていく予定で、借入額が200万を超えるのであれば最低金利が低いレイクを使っていけばお得です。
ですが、今日借りたい明日借りたいという人に向かって「最低金利」云々を言うのはちょっと的外れかなと思います。

なので、当サイトではバスッとお伝えします。

初回融資で、借りる金額が50万未満ならほぼ9割以上の可能性で18.0%の金利になりますし、あなたがよほどの高給取りか何かでない限り、初回融資で融資額が50万を超えることもありません。

つまり、初めて借りる人の9割が18.0%となるということですね。

ちなみにこれはレイクに限ったことではなく、どこの消費者金融でもほぼ一緒です。


少しでも利息を安くするには

20万円を年率18.0%で借りた場合は、月々の利息は3000円弱となります。

ここで注意したいのがレイクの利息は「日割り」であるということですね。
102126
例えばあなたが融資を受けて、「30日間全額無利息サービス」を選択したとします。
(無利息に関してはTOPの記事を参考にしてください!)
そして30日後の無利息期間が終了した翌日に最初の1か月分の返済額を早めに払ったとしますよね。
すると、その中にはまだ1日分の利息しか発生していません。多分、数百円の世界です。
5000円返済したとして、4500円くらいは元金返済に充てられます。
利息はもちろん元金に年率をかけて計算されるので元金が少なければ少ないほど、後々トータルで払う元金も異なります。
月額固定ではなく「日割り計算」なので、少しでも早く返済されることを誰もがおすすめしているわけですね!


次のページへ⇒レイクの返済方法